坐骨神経痛に関して最も多い誤解が、坐骨神経痛は何らかの病気であるという認識です。

実際には坐骨神経痛は、体のゆがみや変形などが原因で起こるさまざまな疾患による痛みや 痺れの症状のことで、病気の名前ではありません。

従って坐骨神経痛がレントゲンに写るということはありえません。

しかし、坐骨神経痛を引き起こしている身体的な疾患は、レントゲンで確認できる場合があります。

脊椎分離症や脊椎分離症すべり症はレントゲンでの診断が可能です。

しかし、坐骨神経痛の原因疾患のすべてがレントゲンで確認できるわけではありません。

たとえば、椎間板ヘルニアはレントゲンでは確認できず、MRIでの検査を行う必要があります。

また、1種類の方法のみでの鑑別は困難なので、いくつかの検査を行って原因を特定する必要があります。

坐骨神経痛の治療においては原因の特定が重要なので、医師の診察を受ける際には 自分の症状を詳しく説明することも大切です。

私が治った体験談


学生時代から腰痛がひどかった
とりあえず整形外科を受診
腰椎椎間板ヘルニアと診断される
水泳が原因?
水泳選手を断念
手術が必要?
まずは姿勢矯正から
効果てきめんストレッチ&保存療法【必読】
水中ウォーキングは効果的【必読】
腰に負担をかけない為にカロリー制限【必読】