坐骨神経痛の原因にはさまざまな要因がありますが、確実に言えることは、坐骨神経痛の 人は総じて姿勢が悪いということです。

特に、座っているときの姿勢が悪いと腰に負担がかかりやすく、坐骨神経痛になりやすく なってしまいます。

腰を丸くして座る、あぐらをかく、足を前に投げ出して座る、いすに浅く腰掛けた状態で 背もたれに背中を預けるなどの姿勢は坐骨神経痛を招くことになります。

坐骨神経痛の痛みや痺れの程度にもよりますが、自宅や職場で正しい姿勢を心がけることは とても大切です。

腰や背骨に負担のかかる姿勢を避け、正しい姿勢を心がけることで坐骨神経痛は症状が 緩和され、解消することもあります。

また、坐骨神経痛の発生の予防にもなりますので、正しい姿勢を身に着けるのはとても 重要なことなのです。

私が治った体験談


学生時代から腰痛がひどかった
とりあえず整形外科を受診
腰椎椎間板ヘルニアと診断される
水泳が原因?
水泳選手を断念
手術が必要?
まずは姿勢矯正から
効果てきめんストレッチ&保存療法【必読】
水中ウォーキングは効果的【必読】
腰に負担をかけない為にカロリー制限【必読】