痛みが激しい急性期の場合であれば安静にしていたほうがいいでしょう。

しかし、安静にしていてまったく動かさなければいいというわけでもありません。

まったく動かさないということは、神経がなに科に触れて痛みや痺れが生じている状態を 放置するということにもつながるので、塗り薬を塗ったりするよりも痛みのある部位に 積極的にアプローチすることが解消につながる場合もあります。

もちろん無理は禁物ですが、足の曲げ伸ばしや前屈に問題がなければ簡単な体操やストレッチを 行うといいでしょう。

特に高齢の方の場合、筋力の衰えが原因で坐骨神経痛が起こることもありますので、 まったく動かさないでいることがかえってよくないこともあります。

また、長期間関節を動かさないでいると関節が固まってしまう恐れもあります。

ストレッチや体操をしていて痛みや痺れがあったら無理をせずに中断し、医師の診断を 受けるようにしましょう。

私が治った体験談


学生時代から腰痛がひどかった
とりあえず整形外科を受診
腰椎椎間板ヘルニアと診断される
水泳が原因?
水泳選手を断念
手術が必要?
まずは姿勢矯正から
効果てきめんストレッチ&保存療法【必読】
水中ウォーキングは効果的【必読】
腰に負担をかけない為にカロリー制限【必読】