針治療は、坐骨神経痛の痛みや痺れの緩和に効果を発揮する方法のひとつです。

ただし、針治療は症状の緩和は可能ですが坐骨神経痛を直接治療できるものではありません。

坐骨神経痛の原因疾患にはさまざまな種類があり、場合によっては根治させることが可能です。

しかし、ほとんどの場合は症状の緩和にとどまります。

直接的な治療法には手術がありますが、通常いきなり手術に踏み切ることはなく、 個人の症状をよく観察してから、坐骨神経痛のもたらす痛みや痺れが日常生活に支障を 与えるレベルであると判断された場合にはじめて検討されます。

効果の高い治療法としてはブロック注射がありますが、これも連続で行うことはできず、 またかなりの苦痛を伴うので最初からすすめられる方法ではありません。

針治療のような対症療法は、根本的な治療にはつながらないとはいえ体に対する負担も 軽く長期間続けることができますので、有効な治療法であると言えるでしょう。

坐骨神経痛は完治させるよりも、その症状と付き合っていくというアプローチのほうが有効でしょう。

私が治った体験談


学生時代から腰痛がひどかった
とりあえず整形外科を受診
腰椎椎間板ヘルニアと診断される
水泳が原因?
水泳選手を断念
手術が必要?
まずは姿勢矯正から
効果てきめんストレッチ&保存療法【必読】
水中ウォーキングは効果的【必読】
腰に負担をかけない為にカロリー制限【必読】