坐骨神経痛を引き起こす要因はひとつではありません。

症状や年齢によって原因はさまざまです。

高齢の場合は老化が原因と考えられます。

年齢を重ねることで神経の通り道が狭くなり、坐骨神経が圧迫されることで痛みが生じます。

妊娠中に坐骨神経痛が生じることもあります。

これはおなかの赤ちゃんが大きくなるにつれて腰骨に負担がかかるためです。

また、妊娠中にはホルモン分泌のせいで間接がゆるくなっていることも一因となっています。

年齢に関係ない原因としては、腰痛、椎間板ヘルニア、梨状筋症候群などが挙げられます。

腰痛は慢性化することで坐骨神経痛を引き起こすと言われています。

椎間板ヘルニアは、最近では若年層にも症例が出てきています。

梨状筋症候群というのは、仙骨から股関節にかけてついている利状筋という筋肉が 緊張することによって痛みが生じる症状のことです。

また、まれな原因として脊髄や骨盤内に腫瘍ができているというケースもあります。

この場合は早急な診断と治療が必要となります。

私が治った体験談


学生時代から腰痛がひどかった
とりあえず整形外科を受診
腰椎椎間板ヘルニアと診断される
水泳が原因?
水泳選手を断念
手術が必要?
まずは姿勢矯正から
効果てきめんストレッチ&保存療法【必読】
水中ウォーキングは効果的【必読】
腰に負担をかけない為にカロリー制限【必読】