坐骨神経痛の原因にはたくさんの種類があります。

ざっと挙げただけでも、変形性脊椎症、梨状筋症候群、腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、 腰椎すべり症などが坐骨神経痛を引き起こします。

坐骨神経痛の症状に対してはリハビリや痛み止めの処方、ブロック注射などの治療が行われますが、 どれも一時的に症状を緩和するものに過ぎず、根本的な原因を取り除くにはいたりません。

治療を行った後は痛みや痺れは軽減しますが、時間がたつと症状が元に戻っていってしまうのです。

坐骨神経痛に対しての対症療法は基本的にこの繰り返しとなります。

根本的な治療を行うためには手術をするしかありません。

ただし、いきなり手術をするということはありません。

まず最初に対症療法で様子を見ることになります。

そして、症状が進行して日常生活に支障が出るレベルにまで達した場合に、 はじめて手術が検討されるのです。

私が治った体験談


学生時代から腰痛がひどかった
とりあえず整形外科を受診
腰椎椎間板ヘルニアと診断される
水泳が原因?
水泳選手を断念
手術が必要?
まずは姿勢矯正から
効果てきめんストレッチ&保存療法【必読】
水中ウォーキングは効果的【必読】
腰に負担をかけない為にカロリー制限【必読】