坐骨神経痛とあわせて名前の上がる病気に、ヘルニアがあります。

この二つの間には、どのような関係があるのでしょうか? 坐骨神経痛に関係するヘルニアは、椎間板ヘルニアと呼ばれるものです。

症状としては、背骨を構成している椎間板から髄核が飛び出したり 膨張したりするというものです。これによって坐骨神経が圧迫され、痛みや痺れが起こるというわけです。

椎間板の繊維輪は後ろ側が弱いために髄核が後ろに飛び出すことが多く、 飛び出した髄核が坐骨神経を圧迫するのです。

坐骨神経は腰椎から足の裏まで続く長く、加えて太さもあるため非常に 圧迫されやすい神経です。

そのため骨格にゆがみだけでなく、ほかの身体的な病気の影響を受けて 痛むということもあるのです。

椎間板ヘルニアに伴う坐骨神経痛は、通常は左右のどちらか一方に発症するのが 一般的ですが、椎間板ヘルニアの大きさや発生箇所によっては両側に痛みや痺れが 発生する場合があります。

椎間板ヘルニアは高齢者の病気というイメージが強いですが、若い世代であっても 発症することはあります。

ですので、若い人でも腰などに違和感や痺れを感じたら、手遅れになる前に診断を 受けるようにしましょう。

また、よくある誤解として、ヘルニアと坐骨神経痛は同じものであるというような 認識があります。

しかしこれは大きな間違いです。そもそも坐骨神経痛というのは病気の名前ではなく、病気によってもたらされる 症状のことなのです。

ですので、ヘルニア=坐骨神経痛というわけではないのです。

坐骨神経痛は症状なので、当然ヘルニア以外の病気でも引き起こされます。

ヘルニア以外の坐骨神経痛を引き起こす病気としては、脊椎管狭窄症、すべり症、 梨状筋症候群などが挙げられます。

同じ坐骨神経痛でも原因が違えば有効な治療法も違ってくるので気をつけましょう。

当然のことながら、坐骨神経痛はその原因となる疾患を治すことで解消できます。

加齢による筋力の衰えや骨の老化などによる坐骨神経痛は完治させるのは難しい のですが、疾患によるものであれば解消が可能なので、まずは診断を受けて原因を はっきりさせましょう。

私が治った体験談


学生時代から腰痛がひどかった
とりあえず整形外科を受診
腰椎椎間板ヘルニアと診断される
水泳が原因?
水泳選手を断念
手術が必要?
まずは姿勢矯正から
効果てきめんストレッチ&保存療法【必読】
水中ウォーキングは効果的【必読】
腰に負担をかけない為にカロリー制限【必読】