普段デスクワークに従事している人にとっては、坐骨神経痛の症状はとてもつらいものになります。

そもそも、座るという動作そのものが、思っている以上に腰に負担をかけるものなのです。

正しい姿勢でないとその負担は当然大きくなってしまうのですが、仕事やゲームなどほかのことに 集中していると姿勢のことは忘れがちになってしまいます。

坐骨神経痛は、無理な姿勢を長期間にわたって続けることで発症するケースがあるので、 体に対する負担を軽減しなくてはいけません。

そのために有効な手段として、クッションの使用があります。しかし、一口にクッションといってもさまざまな種類があります。

ホームセンターなどで一見しただけでも、座布団のようなものや真ん中に穴が開いたドーナツ状のもの、 綿素材のものなどがあります。

円形のクッションは、痔の人やお尻への刺激を軽減するために開発されたものです。

その中でも特にお勧めなのが、低反発のクッションです

低反発のクッションはお尻にフィットするので体に対する負担を軽減できます。ただし、クッションの厚さが十分にあるものを選びましょう。

腰痛・坐骨神経痛対策用のクッションは、体圧が一箇所に集中しないようにクッションの傾斜や フォルムで腰部の負担を軽減できるように設計されています。

座った状態だと、体には普段の1,5倍の負担がかかりますが、低反発クッションを使用することで 腰を保護することができます。

さらに、クッションの形状の特性により下半身への血流が阻害されることがありません。そのため、長時間座っていても痺れや腰痛、坐骨神経痛を起こしにくくなるのです。

また、クッションを使用すると机と椅子のバランスも変わってきますので、最も楽な姿勢になるように 調節することも忘れてはいけません。

私が治った体験談


学生時代から腰痛がひどかった
とりあえず整形外科を受診
腰椎椎間板ヘルニアと診断される
水泳が原因?
水泳選手を断念
手術が必要?
まずは姿勢矯正から
効果てきめんストレッチ&保存療法【必読】
水中ウォーキングは効果的【必読】
腰に負担をかけない為にカロリー制限【必読】