坐骨神経痛の治療法のひとつに、ブロック注射というものがあります。

坐骨神経痛の治療は、日常生活の指導から始まり、薬物療法→理学治療→ブロック注射 という順番で行われます。

よほど症状が重く、日常生活に重大な障害が出ていない限り、いきなりブロック注射が 用いられることはありません。ブロック注射には、いくつかの種類があります。

硬膜外ブロック注射

この注射はさらに腰部硬膜外ブロックと仙骨硬膜外ブロックとに分けられます。
仙骨硬膜外ブロックは、簡単で安全性が高いため外来で主に用いられています。
腰椎の疾患による坐骨神経痛に効果がありますが、場合によっては薬剤が患部まで 到達せず、効果が見られないこともあります。

選択的神経根ブロック

即座に効果が現れるのが大きなメリットです。
この注射は治療だけでなく、疼痛の再現性を確認するためにも用いられます。
これを用いると疼痛をすぐに解消することができるのですが、痛みがとても 強いという欠点があります。
そのため何回も続けて注射を行うことができません。
効果に関しては、1回の注射で数ヶ月間効果が持続し、再発がなくなったという ケースもあります。
しかし同時に、1時間程度しか効果がなかったという報告もあります。

坐骨神経ブロック

梨状筋症候群、帯状疱疹後神経痛などに対して用いられるブロック注射です。
硬膜外ブロックと同じく簡単に施術できますが、穿刺部位がはっきりしない、 坐骨神経の位置に個人差があるという理由から確実性に不安が残ります。

ブロック注射を受けるためには、通院しなくてはいけません。坐骨神経痛の状態で通院するのは非常につらいことです。

その上ブロック注射も受けなくてはいけないので、精神的にもかなりの 苦痛となります。

ですので、ブロック注射をしなくてはいけないほど症状が悪化してしまわないように、 それ以前に坐骨神経痛にならないように、日常生活の中でストレッチなどを行う習慣を 身に着けておきましょう。

私が治った体験談


学生時代から腰痛がひどかった
とりあえず整形外科を受診
腰椎椎間板ヘルニアと診断される
水泳が原因?
水泳選手を断念
手術が必要?
まずは姿勢矯正から
効果てきめんストレッチ&保存療法【必読】
水中ウォーキングは効果的【必読】
腰に負担をかけない為にカロリー制限【必読】