坐骨神経痛というと、重い荷物を持つような作業や激しい運動などで関節に 負担がかかって起こるというイメージがあります。

もちろんそれは坐骨神経痛の起こる主要な原因に違いはありませんが、 それだけが原因ではありません。

実は妊婦の方にも坐骨神経痛が起こることがあります。

それはどうしてでしょうか? 妊娠して赤ちゃんが成長していくにつれて腰椎や骨盤は圧迫されていきます。

赤ちゃんとはいえ、人間一人分の体重をおなかの中に抱えているわけですから、 その負担は出産までどんどん増して行きます。

この圧迫が積み重なって坐骨神経痛を発生させるのです。

坐骨神経痛の生じる坐骨神経は骨盤から足にかけて伸びています。

そのため腰椎や骨盤に対する圧迫は、もっとも大きなダメージをダイレクトに 坐骨神経へ与えるのです。

ほとんどの場合、妊婦さんの坐骨神経痛はおなかの中の赤ちゃんが大きく 成長してくる妊娠後期に起こります。

逆に、まだ赤ちゃんが十分に成長していない妊娠初期に起こる例はわずかです。

また、妊娠後期に差し掛かると、ホルモンの影響によって腰や背骨、骨盤に変化が 現れることからこういった差が生まれるのです。

妊娠という現象が以下に人体に大きな影響を与えるのかがよく分かる好例だと言えるでしょう。

妊娠中の坐骨神経痛の痛みがひどい場合は、医師から胎児に影響の少ないシップや ビタミンB12剤などが処方されます。

また、この妊婦特有の坐骨神経痛は、出産後1ヶ月から2ヶ月で自然に治ります。

妊娠中はホルモンのバランスが崩れやすく、おなかの赤ちゃんのことを考えると 安易に薬品やサプリメントを利用することは危険です。

自己判断で薬品を服用したりせず、必ず医師との相談の上で用いる薬品を選びましょう。

私が治った体験談


学生時代から腰痛がひどかった
とりあえず整形外科を受診
腰椎椎間板ヘルニアと診断される
水泳が原因?
水泳選手を断念
手術が必要?
まずは姿勢矯正から
効果てきめんストレッチ&保存療法【必読】
水中ウォーキングは効果的【必読】
腰に負担をかけない為にカロリー制限【必読】