ストレッチは確かに坐骨神経に対する有効な治療/予防法ですが、ただ漫然と行っていれば いいというものではありません。

疾患の中には、急性期と慢性期とがあるものがあります。坐骨神経痛もそのひとつです。

ストレッチは坐骨神経痛の治療に有効ですが、ほかの治療がそうであるように急性期と 慢性期でやり方を分けなくてはいけません。

急性期のストレッチ法

急性期の場合は安静が基本となるので、あまり激しい運動はしてはいけません。ストレッチをしていて痛みや痺れが強くなったりするようであればすぐに中止して医師の 診断を受けましょう。くれぐれも無理してストレッチを続けたりしないように。

また、あまりに痛みや痺れが激しい場合には早急に医師の診断を受けるようにしましょう。無理をして動かしたりすると、取り返しのつかないことになってしまう可能性も あるので気をつけましょう。

慢性期のストレッチ法

慢性期にはストレッチが非常に有効な改善法となりますが、やはり無理は禁物です。無理に動かしたり長時間ストレッチをしたりすることは避けましょう。

また、背骨が変形して起こる脊柱管狭窄や退化性の関節炎には軽めのストレッチを 行うようにしましょう。これらの症状では靭帯が緩んでいることが多く、あまりストレッチをやりすぎると 余計に靭帯が緩んでしまい、逆効果になってしまいます。一時的に痛みが取れたりはしますが、治癒にはつながりません。

このように、ストレッチは坐骨神経痛に対する有効な手段ではありますが、十分な効果 を挙げるためには適切な方法で用いなくてはいけません。

万能というわけではないので、自分の症状にあわせて適切なやり方で行うようにしましょう。

私が治った体験談


学生時代から腰痛がひどかった
とりあえず整形外科を受診
腰椎椎間板ヘルニアと診断される
水泳が原因?
水泳選手を断念
手術が必要?
まずは姿勢矯正から
効果てきめんストレッチ&保存療法【必読】
水中ウォーキングは効果的【必読】
腰に負担をかけない為にカロリー制限【必読】