坐骨神経の痛みや痺れの生じる神経である坐骨神経は、腰や骨盤の部分から つま先にかけて走っている神経です。

坐骨神経は体の中でももっとも太く長い神経であるため、骨格にゆがみや変形が 生じると圧迫されやすいのです。

皆さんもご存知のとおり、坐骨神経痛は腰や足に主に現れます。

足腰は日常生活の中で常に使う部位なので、ここに何らかの問題が生じると生活する うえでたいへん不便な思いをすることになります。

しかも症状によってはなかなか改善されず、長い期間苦しめられることになる場合も あります。

しかし、対策や予防法はちゃんとありますのでご安心ください。

坐骨神経痛の痛みや痺れを軽減するには、背骨の関節や椎間板の負荷を解消することが 必須です。

そのためには、に体操やストレッチを行うことが重要です。

ストレッチは自宅でも簡単にでき、特別な知識や器具も必要ありません。

通院となると痛みを抱えた状態で移動しなくてはいけなくなるのでとてもつらいです。

症状が進行すると注射や手術などでいやおうなく通院しなくてはいけなくなるので、 毎日少しずつストレッチをして症状の進行を食い止めましょう。

ストレッチをすることで、背骨を支えている筋肉の疲労を避け、筋肉の柔軟性を保ち、 そして正しい姿勢を身につけることができるのです。

特に正しい姿勢を身に着けることはとても重要です。

日常的に間違った姿勢をしていると、関節や骨格に少しずつ疲労が蓄積されていき、 椎間板や関節の異常を引き起こしてしまうからです。

しかし、そうした症状は悪い姿勢以外にも、感染症や腫瘍が原因となって 引き起こされることもあります。

そうした場合には早急に病院での治療を受けなくてはいけないので、もし お尻や太ももの裏からひざや足にかけて傷みや痺れがあった場合にはストレッチの前に 整形外科を受診してください。

私が治った体験談


学生時代から腰痛がひどかった
とりあえず整形外科を受診
腰椎椎間板ヘルニアと診断される
水泳が原因?
水泳選手を断念
手術が必要?
まずは姿勢矯正から
効果てきめんストレッチ&保存療法【必読】
水中ウォーキングは効果的【必読】
腰に負担をかけない為にカロリー制限【必読】