坐骨神経痛の治療には、漢方薬が用いられることもあります。ここでは、坐骨神経痛の治療に用いられる主な漢方薬を紹介していきます。

牛車腎気丸

冷えやむくみに効果のある漢方薬です。特に、下半身の老化による機能低下に効果を発揮します。また、体内の水分のめぐりをよくする効果もあります。

副作用として吐き気や発心が出る場合があるますので、症状が出たら服用を中止して 医師に相談しましょう。

疎経活血湯

血行促進、体内の循環の調整といった効果があります。疼痛の解消にも効果を発揮します。坐骨神経痛から筋肉痛まで、幅広い症状を改善できます。

竜胆瀉肝湯

尿道炎や膀胱炎の治療にも用いられる漢方薬です。下半身、下腹部などのこわばっている部分をほぐす効果があります。

当帰芍薬散

体を暖めると同時に痛みを和らげる効果があります。女性の生理痛のほか、打ち身や打撲にも効果があります。血行を促進し、貧血の解消にも効果を発揮します。

桂枝茯苓丸

血行を改善し、のぼせや冷え性を回復します。ほかにも、打ち身や打撲にも効果があります。

芍薬甘草湯

筋肉の緊張状態を解消しながら痛みをやわらげる効果のある薬です。急激な痛みや痺れが起こった際の痛み止めとして使用します。坐骨神経痛の痛み以外にも結石、胆石、胃痙攣などに使用されることがあります。

これらの漢方薬は、ツムラ、カネボウ、コタロー(小太郎)等の色々なメーカーから 販売されています。

一般向けに販売されているものもありますので手軽に手に入れることもできますが、 やはり副作用の問題や痛み、自分に合わせてしっかり選んで使用することが大事です。

ですので、きちんと専門知識を持った医師薬剤師の判断で処方されたものを服用して 治療していきましょう。

私が治った体験談


学生時代から腰痛がひどかった
とりあえず整形外科を受診
腰椎椎間板ヘルニアと診断される
水泳が原因?
水泳選手を断念
手術が必要?
まずは姿勢矯正から
効果てきめんストレッチ&保存療法【必読】
水中ウォーキングは効果的【必読】
腰に負担をかけない為にカロリー制限【必読】