坐骨神経痛の症状が重い場合には、手術をすることになる場合もあります。

しかし、直接命にかかわるような疾患ではないため、ただちに手術が 選択されることはありません。

体への負担が大きいことも、手術が直ちに選択されないことの理由のひとつです。

まず最初に保存療法が行われ、それで効果が上がらなかった場合で、 なおかつ坐骨神経痛や間欠跛行のために日常生活に支障が出るような場合は 手術が検討されます。

それ以外にも、高齢の場合に筋肉の衰えが激しいとき、筋力の衰退から歩行が 困難になった場合、坐骨神経痛の症状が重く排泄が困難となっている場合などにも 手術が選択されることがあります。

ただし、ほかの病気との合併症が出ている場合は手術ができないことがあります。

坐骨神経痛の手術には、以下のような種類があります。

内視鏡手術

主に椎間板ヘルニアのときに用いられる手法です。施術としては、小さな穴を開けて黄色靭帯を切除し、神経根への圧迫を取り除くというものです。

体にメスを入れなくてすむので、体への負担が少なくて済むという大きなメリットがあります。

椎弓切除術

腰部の狭窄を取り除くことを目的とした手術です。

この手術は坐骨神経痛以外にも、神経の障害によって排泄に障害がある場合、間欠跛行が顕著、 脚部の痛みがひどい、足を動かしたり、力を入れたりすることが難しい場合などの病態があるときにも 用いられます。

開窓術

坐骨神経痛や腰部脊椎管狭窄症が重度のものである場合に行われるもので、頻繁に行われるタイプの 手術ではありません。また、非常に高度な技術を要する手術でもあります。

やり方としては、椎弓切除術が椎弓全体を削り取るのに対し、坐骨神経痛などの症状を引き起こす 神経を圧迫している部分のみを削り取り、それ以外のところをできるだけ残すというものです。

私が治った体験談


学生時代から腰痛がひどかった
とりあえず整形外科を受診
腰椎椎間板ヘルニアと診断される
水泳が原因?
水泳選手を断念
手術が必要?
まずは姿勢矯正から
効果てきめんストレッチ&保存療法【必読】
水中ウォーキングは効果的【必読】
腰に負担をかけない為にカロリー制限【必読】