坐骨神経痛の治療法にはさまざまな方法がありますが、ここではその中のひとつ、 薬物療法をご紹介します。

薬物療法では、坐骨神経痛の痛みを和らげることが目的となります。

また、薬物療法を長期間にわたって続けると副作用の危険性のありますので、医師は 経過を見ながら薬物の使用を抑制したり中止したりします。

薬物療法には以下のようなものが用いられます。

消炎鎮痛剤

いわゆる痛み止めのことです。

効果には個人差がありますが、医師が患者の症状を判断して処方します。

強い痛みには効果がありますが、動くと痛む程度の軽い症状であれば効果は 低くなります。

また、副作用として胃に負担をかけるので、胃薬が同時に処方される場合が 多いです。

筋弛緩剤

筋肉の緊張を和らげるための薬剤です。

消炎鎮痛薬と同時に処方されることが多いです。

副作用としては胃への負担やめまい、ふらつきなどがあります。

プロスタグランジン製剤

血管を拡張し、血液の凝固を抑制する効果があります。

ビタミンB12

副作用がなく、神経組織の障害を回復させる効果があります。

しかし、現段階ではまだどの程度の効果が期待できるのかがはっきりして いません。

外用薬

シップや塗り薬などです。

シップには患部を冷やす冷シップと、暖める温シップがあります。

どちらも痛みを和らげると同時に、消炎鎮痛剤を皮膚から吸収させる効果が あります。

薬物療法の注意点

薬物療法の注意点として、上記にもあるとおり、一部の薬物にある副作用が 挙げられます。

あまり長期にわたって漫然と薬物療法を続けるとこれらの副作用によって胃腸障害や 心臓疾患を引き起こす可能性もあります。

また、どんな薬物療法でもそうであるように、坐骨神経痛の場合でも、 痛みが強くなってきたり、 逆に弱くなってきたからといって勝手な自己判断で服用する薬の量を増やしたり 減らしたりしてはいけません。

処方された薬品とその使用量は症状にあわせて決められているので、 必ず守るようにしましょう。

副作用によって体調が崩れるようなことがあった場合には、早急に医師に 相談するようにしましょう。

私が治った体験談


学生時代から腰痛がひどかった
とりあえず整形外科を受診
腰椎椎間板ヘルニアと診断される
水泳が原因?
水泳選手を断念
手術が必要?
まずは姿勢矯正から
効果てきめんストレッチ&保存療法【必読】
水中ウォーキングは効果的【必読】
腰に負担をかけない為にカロリー制限【必読】