また、痛み止めを処方され、病院でも神経ブロックの注射を打ってもらい、自宅へ帰宅しました。

医師からは「私が言いというまで水泳は禁止です。正直、引退も考えた方が良いと思います。」と言われましたので、かなり凹み気味。痛みも手伝って、もう何も考えたくないと言う感じでした。

おまけに今回は、症状がどんどん悪くなっているのが自分でも良く分かりました。

受診翌日には、お尻、大腿後面、下腿外側や後ろ、足の甲あたりまでがシビレや疼痛が出てきました。

とても辛くてまた診察を受けると医師から「坐骨神経痛が出てきていますね。椎間板ヘルニアの人は、症状として坐骨神経痛が出るケースがとても多いんですよ。」と言われました。

腰だけでなく、脚やお尻まで痛みが出てきて、もう悲しくなってきました。

自宅で安静にしていると、数日後には少々落ち着いてきたので、これからのことについて、冷静に考えるようになりました。

小学生の頃より、水泳一筋で頑張ってきた人生でしたので、その水泳を諦めてしまうと言う事は、私にとって、挫折に近い大変な決断でした。

しかし、これ以上続けても症状が悪化し、結果選手としても良い成績は残せまいとも、理解できていました。

既に2ヶ月近く練習を休んでいるだけで、相当身体は鈍っています。

これ以上長期的に休むとなると、復帰しても最前線で活躍は、難しいかもしれません。悩みに悩んだ末、水泳の道を諦める事にしました。

私の場合1日5分伸ばすだけの坐骨神経痛改善法でかなり楽になりました

私が治った体験談


学生時代から腰痛がひどかった
とりあえず整形外科を受診
腰椎椎間板ヘルニアと診断される
水泳が原因?
水泳選手を断念
手術が必要?
まずは姿勢矯正から
効果てきめんストレッチ&保存療法【必読】
水中ウォーキングは効果的【必読】
腰に負担をかけない為にカロリー制限【必読】