接骨院とは昔でいうところの「骨接ぎ」が現代に合わせて形を変えたもので、スポーツ選手のリハビリに大活躍をしている施術法です。主に運動器系の機能回復を目的とした施術を行っています。

その対象となる症例は「骨折」「捻挫」「肉離れ」「脱臼」「寝違い」「腰痛」などで、内容としては関節や筋肉の機能不全を回復をさせて対処します。あわせて「骨折」「手術」等のリハビリ訓練としても大切な役割を果たしています。

その施術法は主に手技療法と物理療法となります。基本は手技療法でしたが、時代の流れとともに、物理療法を加えた新しい施術法が生まれてきているようです。

接骨院の治療接骨院での治療手順もカイロプラクティック整体鍼灸とそう大きくは変わらず「診察 」「問診」「触診」「視診 」「触診 」「処置」 となり、処置で行われる療法は 電気療法 、熱療法 、光線療法 、物理的エネルギー療法 、手技療法 、運動療法などが挙げられます。

手技療法は、鎮痛・消炎・緊張や関節拘縮の緩和・血行促進を目的として行い、運動療法では、筋や骨格系の生理的機能の向上、円滑な関節運動・関節稼動域の拡大・筋肉増強を目的として行われます。

接骨ではカイロプラクティックや整体でよく見られる「矯正」などは余りしません。ただし、「骨折」「脱臼」といった外傷による異常が見られる場合にはずれた骨・関節部分を正常な位置へと戻します。

接骨院の施術ではレントゲン撮影はされないのは「医師」ではない柔道整復師にはレントゲンの使用許可が下りないからです。レントゲンの検査や医師による診断が必要と判断された場合には近くの医療機関を紹介される形になります。

私が治った体験談


学生時代から腰痛がひどかった
とりあえず整形外科を受診
腰椎椎間板ヘルニアと診断される
水泳が原因?
水泳選手を断念
手術が必要?
まずは姿勢矯正から
効果てきめんストレッチ&保存療法【必読】
水中ウォーキングは効果的【必読】
腰に負担をかけない為にカロリー制限【必読】