大辞林の定義では『骨格・関節・筋肉・神経など各運動器官の形態異常を矯正し、その機能障害を予防・診断・治療する外科の一分科』とされている整形外科では、主に診察をするのは骨や筋肉、そして神経といった体の運動器と呼ばれる部分です。

整形外科の治療対象は非常に幅広く、日常の切り傷・擦り傷をはじめ、首・肩・腰・上肢・下肢の痛み・しびれや運動障害・関節の痛み・ 変形・脱臼・骨折や神経の断裂など多岐にわたっており、正に顎から下の内臓以外はほぼ網羅しているといっても過言ではありません。

症例・ 病名で言うと「坐骨神経痛」をはじめ、「変形性関節症」「骨粗鬆症」「変形性脊椎症」「椎間板ヘルニア」「五十肩」「肩こり」「先天性股関節脱臼」「先天性内反足」「多指症」「合併症」「分娩麻痺」「骨髄炎」「化膿性関節炎」「脊椎カリエス」「関節リウマチ」「痛風」などとなります。

患部の機能を修復して体全体の機能を回復させることが整形外科における治療の第一目的とされており、骨折・脱臼で骨がずれている場合には 位置を戻し、靭帯・腱・神経などが切れている場合には縫合したりして 修復していきます。

どうしても修復が不可能という場合においては、最善の方法を模索し、可能な限りの機能回復を目指します。

整形外科はその名前が示す通り、極めて「外科的」な性質を含む治療 なのです。
ただし、「外科」といっても手術などの治療ではなく 「低周波治療」「温熱治療」「牽引慮法」といった保存療法(理学療法)での治療が一般的ですが、他には装具・ギプス・リハビリテーション などの治療法があります。

私が治った体験談


学生時代から腰痛がひどかった
とりあえず整形外科を受診
腰椎椎間板ヘルニアと診断される
水泳が原因?
水泳選手を断念
手術が必要?
まずは姿勢矯正から
効果てきめんストレッチ&保存療法【必読】
水中ウォーキングは効果的【必読】
腰に負担をかけない為にカロリー制限【必読】