坐骨神経痛の原因の1つには「筋肉の衰え」「筋肉の機能不全」「筋肉の疲労」など、筋肉に関わる点があります。

人間の体には合計で400もの筋肉があるのに、殆どの人がその筋肉を 使いこなしていません。

重要なのは全身の筋肉を適度に使いバランスをもたせることで、1つの筋肉を鍛えてもその筋肉と他の筋肉の間に力の伝達能力がなければ他の筋肉にとっては単なる負担にしかなりません。

カイロプラクティックや整体、鍼灸などの手技などによって一時的に坐骨神経痛が良くなったとしても、そもそもの脊椎を支える腰の強化をおろそかにし、坐骨神経痛を患った時と同じ筋力の腰だったら元も子もありません。

また、姿勢矯正などによって全身の筋肉が開放されたとしても、一部の鍛えた筋肉にだけ依存をしてしまうことによって、最悪の場合は坐骨神経痛が返ってきてしまいます。

そのようなことにならないためにも、脊椎を支える要である腹筋だけはしっかりと筋肉の使い、鍛えましょう。

「腹筋」は上半身と下半身の筋肉間の力の伝達を司る大切な部位です。

その「腹筋」の中でも、お腹の内側を斜めに走っている「内腹斜筋」や、その逆の外側についている「外腹斜筋」、内腹斜筋の更に深い階層に位置した筋肉である「腹横筋」は特に坐骨神経痛にとって大切な筋肉です。

これらを鍛えるには、一般的に「腹筋運動」と呼ばれる「前後」の伸縮運動で鍛えられる「腹直筋」と違い、「回転」「捻り」の運動が必要となります。

この内腹斜筋・外腹斜筋・腹横筋がしっかりと鍛える事ができたら骨盤から下の安定感が格段に増しますので「坐骨神経痛」「ヘルニア」「坐骨神経痛」などに強い体に近付きます。

私が治った体験談


学生時代から腰痛がひどかった
とりあえず整形外科を受診
腰椎椎間板ヘルニアと診断される
水泳が原因?
水泳選手を断念
手術が必要?
まずは姿勢矯正から
効果てきめんストレッチ&保存療法【必読】
水中ウォーキングは効果的【必読】
腰に負担をかけない為にカロリー制限【必読】