運動不足やストレッチ不足などで筋肉がカチカチになってしまっていることも坐骨神経痛の大きな原因のひとつです。

毎日少しでも良いので継続的に簡単なストレッチを続け、筋肉の強化と筋肉の柔軟性をしっかり身に付けて 腰痛に強い体を作ることは坐骨神経痛の予防にも有効です。以下に家や会社で簡単にできるストレッチをいくつか紹介します。
 

腰と背中を伸ばす体操

・イスに浅く腰掛けて股を開き、背筋を伸ばし、息を深く吸い込む。
・息を吐きながらゆっくりと、頭が両足の間に入るぐらいに 上半身を曲げ3つ数えてゆっくりと上半身を戻す。  
   

上半身前面と腰、背中を伸ばす体操

・イスに深く腰掛け、背筋・両腕・肘を充分に伸ばす。
・息を吸いながら上半身をゆっくり後ろに反らせていく。
・息を止めて3つ数えたら、息を吐きながら元の姿勢に戻す。  

腰と太ももの裏を伸ばす体操

・イスに深く腰掛け、左ひざを両手で抱えて胸につけるくらいにまで 引き上げる。
・3つ数えたら、ひざを下ろす。
・右足も同様に。

腰の筋肉(背中側)を伸ばす体操

・あお向けになり、両手を頭の後ろで組む。
・右ひざを曲げ、 そのまま下半身を左側にゆっくりひねっていく。
・右ひざを床につけるつもりで 腰の筋肉を伸ばすようにそのまま数秒間静止し、ゆっくり元に戻し右ひざを伸ばす。
・左足も同様に。
   

背筋を伸ばす体操

・あお向けになって、お腹に力を入れ、両手で両ひざを思い切り抱え込み、約1分保つ。
・息を吐きながらゆっくりとひざを伸ばす。
 

足から首まで体の前・後面を伸ばす体操

・両足を軽く開き、両手を床につけるつもりで、上半身を前に曲げる。
・脚(ひざ)の裏が伸びているのを意識する。
・腰に手をあて、上半身をゆっくりと思いっきり後ろに反らす。  
 

ひざの裏側を伸ばす体操

・両足を伸ばして座る手の指先を足の先に届かせるつもりで、ゆっくりと上半身を前に倒していく。
・3つ数えて元に戻す。

私が治った体験談


学生時代から腰痛がひどかった
とりあえず整形外科を受診
腰椎椎間板ヘルニアと診断される
水泳が原因?
水泳選手を断念
手術が必要?
まずは姿勢矯正から
効果てきめんストレッチ&保存療法【必読】
水中ウォーキングは効果的【必読】
腰に負担をかけない為にカロリー制限【必読】