突然の坐骨神経痛には誰もが面食らい「どうしたらいんだろう」と不安になってしまいます。そんな場合の現時点で最も効率的だと考える坐骨神経痛対処法を5つ挙げます。

絶対安静

坐骨神経痛になってしまった時にはまず「絶対安静」を心掛けましょう。とかく坐骨神経痛になった直後は、坐骨神経痛じゃないだろうといった気持ちから腰の可動領域を確かめたがったりと無理をしがちで、結果として状況が更に悪化し、結果的に長引く事も少なくありませんので、すぐに横になって安静にしてください。

坐骨神経痛は基本的に初日が痛みのピークになりますから、最初に辛抱しておけば楽になっていきます。

アイシング

絶対安静で横になった次は「患部のアイシング」を行いましょう。坐骨神経痛は 疲労のたまった腰椎部分の炎症、捻挫である事が多いです。

ですので、クタクタに 疲れきった腰椎にとって楽な姿勢をまずは確保し、それが終わったら脚や腕の捻挫の時のように オーバーヒートで熱くなった筋肉を冷やして上げましょう。

炎症で熱を持っているので、外部から冷やして熱を逃がすということです。

患部の固定

坐骨神経痛は腰椎部分の炎症ですが酷い場合には骨盤のズレなども考えられます。

そういった場合には腰が抜けたような感じがして、少し腰を動かすだけで激痛が走り、横になるのも辛い状況になってしまいますので、腰のアイシングがある程度できたら腰を楽な姿勢で固定します。

これは楽な姿勢を維持する効果と無理な動きを抑制するという隠れた効果もあります。

簡単なリハビリ

坐骨神経痛の痛みのピークは初日で後は徐々に回復へと向かっていきますが、無理は絶対に禁物です。

特に痛みが引いた(炎症が引いた) からといって、そもそもの腰痛の原因が骨盤のズレなどの関節調整が必要とするもので あった場合、専門家の施術を受けなくては治りません。

専門家の診察

痛みも治まり多少なら1人でも歩けるようになったら 、キチンと専門家の診察を受け、自分の腰の状態を確認し、関節の調整が必要であればその場でしてもらいましょう。

ここでちゃんと診察を受けてない場合、多くが骨盤のずれ・関節の変位などで一部の腰椎などに負担が集中し、結局は坐骨神経痛の再発という最悪の事態に繋がってしまいます。

私が治った体験談


学生時代から腰痛がひどかった
とりあえず整形外科を受診
腰椎椎間板ヘルニアと診断される
水泳が原因?
水泳選手を断念
手術が必要?
まずは姿勢矯正から
効果てきめんストレッチ&保存療法【必読】
水中ウォーキングは効果的【必読】
腰に負担をかけない為にカロリー制限【必読】