「私は坐骨神経痛です。」という人に、痛み方や、痛い場所を聞いてみると、全員の症状が一致しないことがあります。

これは「坐骨神経痛」の解釈が人それぞれ違うためのようですが、下半身に痛みやしびれ、違和感があるという部分は一致しているようです。

それを踏まえて、自覚する症状また判断基準としては以下の例に身に覚えがある場合、発症している恐れがありますのでチェックしてみてください。

坐骨神経痛チェック項目

(1) お尻から足にかけて激しく痛んだことがある
(2) 何年も前から時々背部に痛みを感じることがある
(3) 便秘に苦しんでいる
(4) 腰部に痛みが長期間続いたことがある
(5) 重い物を持ち上げると、おしりに痛みを感じたことがある
(6) 長時間立っていたり、座っていると腰部が痛くなる
(7) 長時間歩くと腰背部が痛くなる
(8) 咳やクシャミをすると腰背部がひどく激しく痛くなる
(9) 寝ている時、腰背部が痛くなり姿勢を変えずにはいられない
(10) 朝起きたとき腰背部がひどく痛くなる
(11) 1日の終わりに足がひどく痛くなる

また上記以外の坐骨神経痛の判断基準となりそうな性質としては、坐骨神経痛の中で神経痛が出ている足は疼痛性の跛行(はこう)といってひきずるような歩行をしたり、痛みのある側は血行が悪い為に冷えが生じて冷たくなることも挙げられます。

痛みが長期間に及ぶと合併症として、お尻の筋肉が萎縮する人もいます。

最後に、坐骨神経の症状で苦しんだことのある誰もが、坐骨神経からくる痛みは人生で最も辛い経験の一つであると口を揃えて言いますので、その激しい痛みも判断材料のひとつと言えるかもしれません。

私が治った体験談


学生時代から腰痛がひどかった
とりあえず整形外科を受診
腰椎椎間板ヘルニアと診断される
水泳が原因?
水泳選手を断念
手術が必要?
まずは姿勢矯正から
効果てきめんストレッチ&保存療法【必読】
水中ウォーキングは効果的【必読】
腰に負担をかけない為にカロリー制限【必読】