坐骨神経痛の症状を感じる代表的な場所は、「お尻、太ももの裏・すね・ふくらはぎ」がありますが、どこか一部分だけに坐骨神経痛症状を強く感じるケースもあれば、足に激痛が走り足全体に坐骨神経痛症状を強く感じるケースもあります。

坐骨神経痛とそれに伴う主な症状としては、これらが挙げられます。

  1. 腰の痛み、臀部の痛み
  2. 太ももの裏、足へかけての痛み、しびれ
  3. 体を動かすと痛みやしびれが悪化する
  4. 痛みのため歩行が困難になる
  5. 足に力が入らなくなる
  6. 足の筋肉が左右で差が出てくる

上記を見てもわかるように、坐骨神経はとても長い神経であるため、広範囲に症状を出す可能性があり、とても重要であることがいえます。

この坐骨神経がどの部分で障害されるかにより、症状の出る範囲や症状も違いますが、坐骨神経痛がおきている場合、腰部やお尻などに筋肉の緊張がみられるケースも多く、坐骨神経痛に併せて不快な症状を感じる場合もあります。

ほとんどの場合は、片側のお尻や下肢に痛みやしびれが出ますが、両側に症状が出ている場合は早急に病院へ行きましょう。悪化すると肛門周囲へしびれが生じたり、排尿障害になることもあります。

また坐骨神経痛の症状は、坐骨神経痛の名の通り”痛み”として感じる事が多いですが坐骨神経痛による症状を痛みでなく、痺れ・熱感・冷感,引きつれで感じる事があります。

その為、坐骨神経痛症状が原因だと気が付かない事もあります。(例:なかなか治らない、筋肉痛による”足の引きつれ”だと思っていたが坐骨神経痛症状だった。)

足の冷え、特に片側のみの足の冷えや、くるぶしの一部だけ冷えるいくら冷えを感じるところを温めても足の冷えが取れないという症状も、坐骨神経痛症状であると考えられます。

私が治った体験談


学生時代から腰痛がひどかった
とりあえず整形外科を受診
腰椎椎間板ヘルニアと診断される
水泳が原因?
水泳選手を断念
手術が必要?
まずは姿勢矯正から
効果てきめんストレッチ&保存療法【必読】
水中ウォーキングは効果的【必読】
腰に負担をかけない為にカロリー制限【必読】