坐骨神経痛とは、「症状」の表現であり、病名ではありません。「坐骨神経痛」の名前が 示すとおり坐骨神経が圧迫されることによって生じる「神経痛」を総称して坐骨神経痛と言います。

坐骨神経痛は、何らかの原因で、坐骨神経が圧迫される事で痛みが生じ、、臀部から太ももの後ろ側にかけて鋭い痛みがあります。

また、症状が深刻になると脚の痺れが徐々に下まで伸びていき、脚の指先まで 痺れるケースも出てきます。

坐骨神経は、臀部、太ももの裏など、下半身の後ろを通っているため臀部から足の指の範囲に症状が出ることが多いのです。また、天候 などによっても症状が不規則に変化するという特徴も持っています。

坐骨神経痛がぎっくり腰やヘルニア以上に「厄介」だとされるの はその痛みの特徴にあります。 具体的には、これらのものです。

  • 激痛もあるが、比較的鈍痛が多い
  • 痺れ、痛みは限定的な動作に伴う
  • 常に不快な思いが伴う

坐骨神経痛は、ぎっくり腰や椎間板ヘルニアのように極端な激痛が襲ってくることがあまりないことや、我慢できない痛みではないという症状が、坐骨神経痛を負っている人を病院から遠ざけ、限定的な動きをした時だけ痺れたり何だか気持ち悪い感覚が続くといったような症状だからこそ逆に油断してしまい、専門家での診察を遅らせ症状を悪化させてしまうといったような悪循環をもつくってしまうこともあります。

また、坐骨神経痛は筋肉・骨の強度が衰えてくる中高年の世代に最も多く発症する症状ですが若い世代の人発症も少なくはありません。

私が治った体験談


学生時代から腰痛がひどかった
とりあえず整形外科を受診
腰椎椎間板ヘルニアと診断される
水泳が原因?
水泳選手を断念
手術が必要?
まずは姿勢矯正から
効果てきめんストレッチ&保存療法【必読】
水中ウォーキングは効果的【必読】
腰に負担をかけない為にカロリー制限【必読】