このサイトは「坐骨神経痛」という症状、原因、対策、治療方法について紹介します。現在の不快感や痛みの少しでも緩和が出来ればと考えております。


坐骨神経痛とは、「症状」の表現であり、病名ではありません。「坐骨神経痛」の名前が
示すとおり坐骨神経が圧迫されることによって生じる「神経痛」を総称して坐骨神経痛と言います。



坐骨神経痛は、何らかの原因で、坐骨神経が圧迫される事で痛みが生じ、臀部から太ももの後ろ側にかけて鋭い痛みがあります。また、症状が深刻になると脚の痺れが徐々に下まで伸びていき、脚の指先まで
痺れるケースも出てきます。

坐骨神経痛のさまざまな症状

坐骨神経痛の症状を感じる代表的な場所は、お尻、太ももの裏・すね・ふくらはぎがありますが、どこか一部分だけに坐骨神経痛 症状を強く感じるケースもあれば、足に激痛が走り足全体に坐骨神経痛症状を強く感じるケースもあります。

坐骨神経痛とそれに伴う主な症状としては、これらが挙げられます。

1.腰の痛み、臀部の痛み
2.太ももの裏、足へかけての痛み、しびれ
3.体を動かすと痛みやしびれが悪化する
4.痛みのため歩行が困難になる
5.足に力が入らなくなる
6.足の筋肉が左右で差が出てくる

私の坐骨神経痛体験談

坐骨神経痛Q&A

  • 坐骨神経痛ってどんな痛みなんですか?

    これはもう、坐骨神経痛にかかった人でなければ分からない痛みだといいます。まず痛みが発生する部位ですが、お尻から太ももの裏側、さらにふくらはぎから足の指先まで、それぞれの部位に発生するだけでなく部位全体に及ぶ人もいます。常に刺すような痛みを感じる人もいますし、重くだるく感じる人もいます。軽度の人ならば最初はしびれ程度、重度になりますと歩行困難や排泄行為ができなくなる場合もあります。一言で全体の症状を言えないくらい、さまざまな症状が見られるのが坐骨神経痛の特徴でもあります。

  • 足のしびれも坐骨神経痛ですか?

    お尻から太ももの裏側、外側、ふくらはぎなどにかけてつねにピリピリしびれる感覚があったり、また動いた時に電気が走るような痛みを感じたら坐骨神経痛を疑ってみる必要があります。坐骨神経痛の痛みでしびれは軽度の症状と見られがち。マッサージをしたら治った、とか、湿布をしたらしびれが収まった、あるいは我慢していたら自然と治った、という人もいますが、そのしびれの原因をはっきりさせないと症状の悪化が進行して、本格的な痛みに発展する可能性があります。スポーツなどの急性な筋肉疲労でない限り、しびれは放置しない方が賢明でしょう。

  • 立ったり座ったりするとお尻に鋭い痛みがあるけれど?

    坐骨神経痛の可能性があります。坐骨神経はお尻の内側を通っている神経で、筋肉や骨の異常から神経を圧迫した時に症状が出てきます。座る、立つという動作を行う時に使う筋肉が坐骨神経を刺激しているかもしれません。今は立ったり座ったり、という動作の時だけかもしれませんが、やがて慢性化して動作をしない時でも痛みが続く場合があります。また、座っている時に痛みが出ると痛みを出さないような歪んだ座り方になり、さらに別の坐骨神経を圧迫する危険もあります。症状が悪化しないうちに早めに対処を。

  • 前屈みになっただけで激痛が走るけれど坐骨神経痛?

    その痛み、坐骨神経痛の可能性がありますが、原因は椎間板ヘルニアかもしれません。椎間板ヘルニアと坐骨神経痛はリンクしていることが多いのです。背骨の椎骨と椎骨の間にはクッションの役目をする椎間板がありますが、この椎間板に急な負荷、つまり過激な運動や重い荷物を持つなどをすると椎骨の圧迫に耐えられず椎間板が椎骨から突出してしまいます。これが椎間板ヘルニア。突出した椎間板が坐骨神経に損傷を与えることもあります。こうなると坐骨神経痛の発症です。前屈みになると椎間板がさらに突出して坐骨神経を圧迫しているかもしれません。早期に原因をはっきりさせましょう。

  • 前屈みになると痛みが和らぐけれど坐骨神経痛?

    大腰筋が坐骨神経を圧迫している可能性があります。大腰筋は腰椎の上から大腿骨前上部についている筋肉。この筋肉が硬化して下を通る坐骨神経の主幹を圧迫すると坐骨神経痛になります。大腰筋圧迫で坐骨神経痛になる人の特徴は夜間に痛みが増すこと。夜間は筋肉が休まる時間で筋肉に血液が流れにくくなりますが、これが硬化していると血の流れがさらに悪くなりケイレンを起こしてさらに坐骨神経を刺激してしまいます。身体を海老のように丸めると硬化した筋肉がやや緩むことがあって痛みを和らげますが、放置しておけば日中でも痛みが増してきます。比較的治りやすい坐骨神経痛なので治療は早めに。

  • 坐骨神経痛を放置しておいたらどうなるの?

    その痛みから放置できるとは思えませんが、場所によっては日常の生活に大きな支障をきたす症状に襲われます。太ももやふくらはぎの筋肉による圧迫などで損傷している場合は歩行困難、大殿筋や梨状筋による損傷では座ることもできず寝たきりの状態にも。また小殿筋などお尻の筋肉を司っていることから周辺の坐骨神経から伸びている運動を司っている神経が損傷すると、排泄行為にも問題が表れます。軽度の痛みだからといって無理をすれば症状は一気に悪化する可能性もあるので、できるだけ早い処置をしましょう。

  • 整体や鍼でも坐骨神経痛を治療してくれる?

    整形外科で坐骨神経痛の原因となっている場所が判明し、それを治癒させるために手術を必要としない場合では整体や鍼などで治療するのもひとつの方法でしょう。というのも、坐骨神経痛の場合、整形外科では腫瘍やヘルニアといった外科手術が必要とされる以外では痛みを止める鎮痛剤や湿布などの治療が主。今のところ、坐骨神経痛の特効薬はありません。手術以外の治療方法を試すなら整体や鍼もいいでしょう。人によっては整体や鍼などで治癒した、というケースも多々見られます。

  • 重い荷物を持ったりすると坐骨神経痛になる?

    重い荷物を持った時、急激な痛みを腰に覚えることがありますね。いわゆる「ぎっくり腰」ですが、これ、正式名称は急性腰痛症といい、坐骨神経痛とは違います。ただ、ぎっくり腰の原因となった場所が問題。急な荷物を持つと腰のあらゆるところに負荷がかかり、そのうちの弱っていた筋肉や椎間板が損傷します。もし、その弱っていた筋肉が炎症を起こしたり椎間板が突出して、それらが坐骨神経を刺激してしまう場所だと、そのまま坐骨神経痛を引き起こしてしまいます。

  • 高齢者は坐骨神経痛になりやすい?

    高齢になると身体全体の筋肉が衰えたり骨がもろくなったりします。梨状筋などのインナーマッスルも硬直してきますし大殿筋なども緩みがち。とくに高齢者に多い坐骨神経痛の原因として挙げられるのが脊柱管狭窄症でしょう。脊柱管とは簡単に言うと脊髄を安定させる役割を持っていますが、高齢に伴い、脊柱管を支える靭帯などが厚くなって変形し、背骨を曲げてしまうのが、この病名。椎間板なども変形してしまい、坐骨神経を刺激する場合があるのです。ただし、この脊柱管狭窄症、必ずしも坐骨神経痛につながるとは限りません。

  • 妊婦は坐骨神経痛になりやすいって本当?

    すべての妊婦さんが坐骨神経痛になるとは限りませんが、妊娠するとかかりやすいことは事実。坐骨神経は仙骨から伸びています。仙骨と腸骨(腰の左右に出っ張りのある骨ですね)の間に仙腸関節がありますが、妊娠すると骨盤が緩み、それに合わせてこの関節が歪んできます。そこで坐骨神経を刺激する場合があるのです。また妊娠すると赤ちゃんがお腹に入っているだけ重くなりますから腰の筋肉などにも負担がかかり、筋肉の炎症や硬直を招くこともあるでしょう。元々、運動をしなかったり痩せている女性は注意が必要ですね。

  • 坐骨神経痛になったら一生治らない?

    確かに症状もさまざまならば、その治療の方法もさまざまあって特効薬がないのが坐骨神経痛ですが、症状によっては高い可能性で完治できる場合があります。梨状筋症候群における坐骨神経痛では完治できた人が多く、椎間板ヘルニアでも手術によって完治した人もいます。鍼灸、整体、整形外科といろいろ治療を受けて治らなかった人が毎日のストレッチで症状が飛躍的に改善されたという例もあります。個人差はあると思いますが焦らず無理をしないことが完治の近道。痛みが薄くなってからのリハビリを欠かさないなどの積み重ねが大切です。

  • ぎっくり腰になったけれど坐骨神経痛と関係ある?

    ぎっくり腰は急性腰痛症と呼ばれる病名で、坐骨神経痛とは直接、関係ありません。というのも重い荷物を持った時やスポーツで急激に筋肉を動かした場合、腰回りの筋肉や椎間板などが炎症を起こしたり変形したりすることから、腰に強い痛みを覚えるわけです。ただ、ぎっくり腰もどの部位が損傷しているか分からないことも多く、また損傷や炎症を起こした部位が坐骨神経に影響を及ぼした場合、坐骨神経痛を発症するようになります。ぎっくり腰はできるだけ安静にして冷湿布が効果的と言われています。坐骨神経に影響しないようでしたら、安静にしていれば治ります。

  • 坐骨神経痛と腰痛はどうやって区別するの?

    設計の悪い椅子に長時間座っていたり、重い荷物を持ち上げたり、いきなり激しい運動をすれば誰でも腰が痛くなりますよね。とかく腰痛と間違われやすい坐骨神経痛ですが、やはり腰痛とは違った大きな特徴があります。ひとつは血行障害。坐骨神経には自律神経も含まれています。この自律神経は人体機能を正常に保つための機能で、その中には体内の血液を潤滑にする役目もありますが、坐骨神経になんらかの障害があるとその影響で血流が悪くなる可能性があり、足が異常に冷たくなる、足の裏の感覚がマヒしやすい、などという症状も。つまり腰だけでなく下肢になんらかの影響が出たら、坐骨神経痛を疑ってみましょう。

  • 坐骨神経痛はどうやって自己判断するの?

    坐骨神経痛の初期では慢性的なしびれや軽度の痛みがあります。たとえば椅子から立ち上がったり座ったりする時に必ずお尻から下のある部分が痛くなったり、少しの時間でも歩き続けていると足やお尻のどこかが痛くなったり、というように。動作をした時に必ず起きる慢性的なしびれや痛みを少しでも感じたら坐骨神経痛を疑ってみましょう。また動作中以外でも、就寝中、背中や腰に痛みを感じる、朝起きたら足や腰が痛い、あるいは慢性的な便秘や軟便、不意の尿漏れなども坐骨神経痛の可能性があります。

  • 坐骨神経痛が発症したらまず何をすべき?

    まずは安静にすることが第一。とはいえ、その痛みやしびれが軽度で慢性的なものならとかく無理をしがち。けれどその無理が症状の悪化を招きます。痛みがはっきりしているところがある場合、炎症を起こしている可能性があるので冷湿布をして痛みを和らげるなどの対処をして、整形外科などの専門家に診察してもらってください。坐骨神経の痛みは急激に襲ってくる場合もあれば、痛みが断続する場合もあります。炎症が収まったからといって治ったとは限りません。痛みが引いているうちに対処を心がけましょう。

  • 坐骨神経痛はどこで診察してもらえますか?

    病院へ行くなら整形外科。まず坐骨神経痛の原因となっている場所を探すことが大切です。というのも、本人は痛みを下肢に覚えていても、その原因が下肢の筋肉の圧迫とは限りません。整形外科ではレントゲンやMRIなどを使って痛みの原因となっている場所を特定し、病名を判断して治療します。坐骨神経痛は筋肉の圧迫や骨の異常から神経系に損傷を与えるだけでなく、腫瘍やヘルニアなど、自分では判断できない病気から引き起こる可能性もあるので、最初は整形外科できちんと原因を診察してもらうことが優先順位です。

1日5分伸ばすだけの坐骨神経痛改善法

「足腰、太ももの激痛、しびれがひどくて毎日がつらい…」
「休み、休みでないと長時間歩くこともできず歩行困難な状態…」
「コルセットやシップ、痛み止めが手放せない…」

坐骨神経痛は一時的によくなっても、再発しやすい症状ですので、
やはり根本から改善していかないと、痛み・しびれの解消につながりません。

「長期間マッサージをしているけどよくならない…」
「痛み止めを飲んでるけど、あんまり効果がなくなってきた…」

これらはやはり、一時的な効果しかないのが原因とも言えるでしょう。

そこでぜひ一度お試しいただきたいのが
こちらの坐骨神経痛専用のストレッチです。

体験談のページでも書きましたが私はこのストレッチでかなり痛みが楽になりました。